プラグイン2つでWordPressをお引越ししてみよう

スポンサーリンク
WordPress

どうも、Local by Flywheelのバージョンアップをしたら、設定データの移行がにっちもさっちもになってしまったみなみさんです。こんにちわ。

エクスポートからのインポートですんなりいかず、あらあらまぁまぁになってしまったのですが、どのみちそろそろ整理したかったので、必要なサイト分だけ新しく設定しようと思いまして。
なので、現環境をそのまんまLocal by Flywheelのテスト環境にコピーをすることにしました。

つまるところ、WordPressのお引越しですね。

通常のお客さま対応の場合は、出来る限りプラグインに頼らずデータベースをエクスポートしたりして対応するようにしているのですが、今回は個人のブログをテスト環境にコピーするお引越しなので、プラグインでのお引越しを試してみたいと思います。

はじめに

今回紹介する手順は、プラグインで簡単にWordPressの移行が可能です。
但し、予期せぬ何かが起きる可能性は皆無とは言えません。何らかのトラブルが起きた場合、何が起きているのか、どうすれば良いのか、判断して対応する必要が出てくる場合もあります。

なので、手順を見ても何がどうなっているのか分からない、何をやっているのか分からない、といった場合は、WordPressのお引越しを自分でやることは正直オススメ出来ません。

かと言って、プラグインを利用しない場合には自分でデータベースを移行させる必要性が出てきて余計に敷居が高いので、そういった場合にはWordPressの移行を代行してくださるサービスを検討してみるのも良いかと思います。
⇒ WordPress移行代行サービスについて

WordPressお引越しについて

WordPressでお引越しをする際の手順は、大まかに以下のような感じです。

STEP
お引越し前の確認を行なう
移行先と移行元のバージョンが合致しているかを確認します。
STEP
プラグインをインストールする
プラグインを移行先と移行元の両方にインストールします。
STEP
データを移動する
サイトデータを「All-in-One WP Migration」で移動させます。
STEP
メディアファイルを移動する
メディアファイルを移行元から移行先へFTPなどでコピーして移動させます。
STEP
メディアライブラリ情報を移動する
メディアファイルを「Moving Media Library」で移動させます。
STEP
作業完了
移動したデータが反映されていることを確認して、作業完了です。

STEP1:お引越し前の確認

まずは、お引越し前に確認しておきましょう。

  • 移行元と移行先で、PHPのバージョンが同じであること。
  • WordPressのバージョンが最新になっていること。

なっていなくても実際はお引越し出来たりすることもあるのですが(実際やった)、余計なトラブルの元になる可能性があります。後から悩んでしまうよりは、先に確認しておいた方が良いかと。

STEP2:プラグインをインストールする

今回使用したプラグインは以下の2つです。

「All-in-One WP Migration」

WordPressを一括でお引越しする際に最も有名で使用頻度の高いプラグインと言えば「All-in-One WP Migration」なのかしら。

WordPressの標準エクスポート&インポートツールもありますが、こちらはプラグインの設定やユーザ情報など、まるっとお引越し可能なプラグインとなっています。

「Moving Media Library」

「Moving Media Library」は、WordPressのお引越し時にメディアライブラリの移行を行なうためのプラグインです。

以前からあった「Media from FTP」というプラグインの後継プラグインになります。どうやら、お引越しに必要な機能を「Moving Media Library」プラグインとしてリリースしたようです。

STEP3:データを移動する

次にデータを移動させます。この場合のデータは、以下の内容を含みます。

  • 投稿のデータ
  • 固定ページのデータ
  • プラグインのデータ(設定含む)
  • ユーザーに関するデータ
  • テーマに関するデータ
  • その他設定に関するデータ

ユーザーに関するデータが含まれますので、ログインするためのアカウントは移行元と同じになります。新しい方のWordPressで別なアカウントを設定していても、ログインは出来なくなりますので注意してください。

また、画像や動画といったメディアファイルは、容量が大きいため別途移行させる方法を取っています。画像や動画などを含んでも問題のない容量である場合は、一括で移行することは可能です。

移行元からデータをエクスポートする

まずは、移行元の「All-in-One WP Migration」を有効化し、エクスポートを行ないます。

「All-in-One WP Migration」からエクスポートを選択して、高度なオプションの設定を行ないます。

この設定は時と場合によるかと思いますが、今回はスパムコメント、投稿リビジョン、メディアライブラリを除外設定しました。

メディアライブラリは除外設定しない方が楽なのですが、如何せん「All-in-One WP Migration」は無料版だとインポート時のファイル容量が512MBまでと制限がかかっています。
各種メディアまで含めて512MBにおさまればいいのですが、当ブログは無理でしたのでメディアライブラリは別途移行することにしてあります。

無料版で選べるエクスポート先は、ファイルのみとなっています。
エクスポート先から「ファイル」を選択すると、エクスポートの準備が始まります。ファイル以外の方法を利用したい場合は、有料版を使用してください。

エクスポートの準備が整うと、ダウンロードのボタンが表示されます。
このときにサイズが512MB以上だった場合、高度なオプションの設定に戻ってエクスポートの対象を減らさなければなりませんので、確認するようにしましょう。

緑枠のボタンをクリックすると「.wpress」という独自の拡張子を持ったファイルがダウンロードされます。これが、エクスポートしたバックアップファイルになります。

移行先にデータをインポートする

新しいWordPressサイトにも、同様に「All-in-One WP Migration」をインストールして有効化します。
今度は、インポートを選択します。

インポートの画面が表示されたら、先ほどの「.wpress」というファイルを選択します。

ドラッグ&ドロップしても、インポート元から選択してもOKです。

最大アップロードファイルサイズが300MBになっていますが、これはサーバのアップロード最大値です。ご利用の環境によって異なると思います。こちらの制限を解除すると、無料版では512MBまでのファイルをアップロード出来るようになります。
今回は、ファイルサイズが129MBなので十分足りますね。

ファイルが認識されると、注意事項を挟んで、インポートが開始されます。

インポート中は、ブラウザのウィンドウを閉じたら駄目みたいです。
放置状態にして、ゆったりと待ちましょう。

インポートが完了すると、新しく立ち上げたばかりの移行先WordPressサイトに、そっくり中身が移動します。

まだこの段階ではメディアを移動させていないので画像が表示されていませんが、確認したところ記事内の画像リンクなどのホスト名はきちんと書き換わっていましたので、URLを置換するといった作業は特に必要はないようです。

STEP4:メディアファイルを移動する

移行元のWordPressサイトから、FTPなどを利用してメディアファイルを移動します。
メディアファイルは「wp-content > upload」の中にありますので、元のサイトの該当ディレクトリの中身を、新しいサイトにそのままコピーしてしまえば大丈夫です。

FTPは、専用ソフトでも大丈夫ですし、ホスティングサービス業者さんが提供しているサービスでも大丈夫です。とにかくコピーして移動させれば。

STEP5:メディアライブラリ情報を移動する

FTPでuploadディレクトリの中身をコピーしても、移行先のメディアライブラリは空っぽです。
なので「Moving Media Library」プラグインを使用して、メディアライブラリを移行します。

移行元、移行先、両方のWordpressサイトに「Moving Media Library」プラグインをインストールして有効化し、まずは移行元のWordpressサイトでエクスポートを選択します。

「JSON形式でエクスポート」のボタンを押すと、移行元WordPressサイトのメディアライブラリに関連するデータがJSON形式で用意されますので、こちらをダウンロードしておきます。

あくまでもメディアライブラリに関するデータがダウンロードされるだけで、メディアライブラリの中身である画像ファイルなどはダウンロードされません。
画像ファイルなどは、必ずFTPなどで移動させるようにしましょう。

移行先のWordPressサイトに移動して、今度はインポートを選択します。

先ほどダウンロードしておいたJSON形式のファイルを参照し「Import from JSON」ボタンを押すとインポートが開始します。

インポートが完了すると、先ほどは消えていたアイキャッチやプロフィール画像が復活しました。

無事に完了しました。

どうやら投稿IDまで含めて「Moving Media Library」は移行するようですので、新しいWordPressサイトを立ち上げたらすぐにこの作業をする方が良いようです。

「All-in-One WP Migration」の場合、投稿IDも含めて移行しますので特に問題はありませんでしたが、何か作業を先に行なってしまうと、「All-in-One WP Migration」も「Moving Media Library」ももしかすると上手くいかずにサイト自体がひっちゃかめっちゃかになってしまうかもしれません。ご注意ください。

WordPress移行代行サービスについて

WordPressのお引越しは、プラグインで割と手軽に出来ます。
ですが、最初にも述べましたが、プラグインでのお引越しを実行して上手くいかなかった場合、自分で原因を確認して対応する必要性はあります。

自信がないという方は、WordPressの移行代行サービスの利用も視野に入れると良いかと思います。



ホスティングサービスのColorfulboxでは、WordPressの移行を代行するサービスを提供しています。
元々がWordPressに最適化したホスティングサービスを提供していますので、WordPressの開設や移行をはじめとしたサポートが充実しています。
無料お試し期間が30日間ありますので、じっくり試してみて検討出来るのも嬉しいところです。

自分が利用しているサーバ管理業者には移行サービスがないんだよ!という場合には、移行サービスを請け負っているエンジニアさんを探すという方法もあります。


ココナラでは、WordPressのカスタマイズだけではなく、運用サポートを請け負うエンジニアもサービス登録していることが多いです。そういったサービスを探して依頼するのも、ひとつの手段です。

サービスに関しては、ご参考までに。

尚、一応みなみさんも移行代行は承ってます。もし、ご検討していただける方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

プラグインでの移行、プラグインを使用しないでの移行、どちらでも対応可能です。

みなみさんへのお問い合わせフォーム

タイトルとURLをコピーしました