ColorfulboxでPHPを推奨バージョンに更新する

スポンサーリンク

どうもこんにちわ、みなみさんです。

毎日暑いので、スーパーで棒アイス買い込んで冷凍庫を占拠させている今日この頃です。
あれですね、昔なつかしポッキンアイスというかチューペットというか、何というか。呼び方が大判焼きばりに地域差があるせいで、東京に就職した際に同期たちと白熱した討論をぶちかましたことがあるあれでございます。

最近では果汁100%の何やら高級っぽいものもありますが、個人的には無果汁なのに無理やりフルーツ感が押し出されているような、そういうのが好きです。安いし。

そんなこんなで(どんなだよ)、本日はカラフルボックスでのPHPバージョンアップについてです。

久しぶりにブログを新規でインストールしたら、PHPのバージョンが7.3で非推奨になっており、バージョンアップするために調べていて「これ、この前も調べたわ」と気付いたので、自分用メモも兼ねて。

WordPress特化型レンタルサーバー「カラフルボックス」

レンタルサーバーは業者が多く、ユーザーとしても選択肢が多いものの結局どれが良いのか悩みながらも、移転するのは割と手間なのでずるずると使い続けてるパターンが(少なくとも私は)多いのですが、近頃はブログに関してはカラフルボックスで落ち着いています。

理由としては色々とありますが、主なものとしては、

  • WordPressの動作が結構早い(LiteSpeed搭載)
  • 地域別バックアップが行なわれている
  • それなりにコスパが良い
  • コントロールパネルがcPanelなので使い勝手が良い

といったところでしょうか。

コントロールパネルに関しては、それぞれ好みもあるでしょうがわたしはcPanel好きなんです。
コスパも、最も安いプランからWordpressを利用出来ますので(レンタルサーバー業者によっては最安プランはデータベース使用不可の場合もあります)、割と助かってます。

WordPressでPHPをバージョンアップする必要性

WordPressでは、PHPのバージョンが最新である必要はありません

ですが、推奨されるPHPのバージョンがあり、非推奨バージョンを使用している場合は出来る限りバージョンアップする必要があります。

非推奨バージョンを使用していると、WordPress本体やプラグインなどの更新が出来なくなることがあります。また、新しくプラグインを導入しようとしても対応していないことなどがあります。
セキュリティリスクも高まりますので、特殊な事情でもない限りはバージョンアップした方が良いでしょう。

WordPressのPHP更新推奨メッセージ

カラフルボックスでPHPを更新する方法

こちらの情報は、2021/08/01時点にわたしが確認した手順ですので、場合によっては操作方法が変更になっている可能性もあります。詳しくはマニュアル – ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイトから確認するようにしてください。

cPanelへのログイン方法

カラフルボックスでのcPanelへのログインは、以下の手順になります。

公式サイトからユーザーアカウントでログインする。

カラフルボックスの公式サイトからログインします。ユーザー名とパスワードは、契約時の情報を参照します。

マイページから該当するサーバーを選択する。

マイページの「サービス」メニューを選択し、表示される一覧の中から該当するサーバーを選んで「契約中」のボタンをクリックします。

アクションから「cPanel」にログインする。

左側のメニュー欄のアクションというエリアに「cPanelにログイン」というボタンが表示されますので、それをクリックします。

cPanel上でPHPをバージョンアップする方法

cPanel上でPHPをバージョンアップする手順は、以下になります。

ソフトウェアから「MultiPHP マネージャー」を選択する。

画面を下の方へスクロールすると「ソフトウェア」というグループがありますので、その中から「MultiPHPマネージャー」のアイコンを選択してクリックします。

レンタルサーバー ColorfulBox(カラフルボックス)| 30日間無料お試し より

PHPのバージョンを設定したいドメインを選択する。

PHPのバージョンは、ドメインごとの設定になるようです。
設定したいドメインのチェックボックスにチェックを入れ、右上のプルダウンメニューからPHPのバージョンを選択し、「適用」ボタンをクリックします。

設定完了

成功のメッセージが表示されれば、設定完了になります。

レンタルサーバー ColorfulBox(カラフルボックス)| 30日間無料お試し より

以上で、PHPのバージョン変更作業は完了です。

まとめ

レンタルサーバー「Colorfulbox」でのPHPバージョン変更作業手順でした。

好みは色々ですが、わたしはcPanelは直感的に分かりやすくて好きです。
元々がバックエンド系の人なので、そのあたりの感覚が染み付いているせいで用語などに余り迷わないせいもあるかもしれませんが……。

大体の「やりたいこと」については、マニュアルにありますので、そちらをご覧いただくと良いかと思います。

マニュアル – ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト

また、PHPのバージョン更新は、たとえ非推奨から推奨のバージョンにアップする際であっても、必ず事前にバックアップを取るようにしましょう。

もし、特殊な何か仕組みを組み込んでいるブログで、バージョンアップする際に不安がある場合は、ローカル環境にLocal by Flywheelを導入してテスト環境を作り、確認してから実環境で作業すると良いと思います。Local by FlywheelにはPHPのバージョンを選ぶ機能がついていますので、必要なバージョンでのテストが可能になっておりますので。

タイトルとURLをコピーしました