WordPressでカスタム投稿を設定する際の便利プラグイン

スポンサーリンク
Web制作
スポンサーリンク

WordPressの便利機能、カスタム投稿タイプ。

通常のブログ形式と異なり、自在に必要な項目を設定して利用することが出来ます。
たとえばハンドメイド作家さんであれば、ブログと同じ感覚で「作品紹介」「価格」「販売ショップリンク」などを入力項目としてテンプレート化してしまったりとか出来ます。使い方次第で、とっても便利な機能です。

ただ、これを使うには大前提として、functions.phpを編集する必要があります。
functions.phpは編集するにはPHPの知識が必要で、何かおかしなことになると管理画面すら開けなくなっちゃう代物です。

なので、そういった際に使えるプラグインを幾つか備忘録として。必要であればfunctions.phpを編集しますけど、そうでないならプラグインで済ませたい派だったりしますので、私は。案件にもよりますけども……ね。

カスタム投稿を設定する際の便利プラグイン

Custom Post Type UI

カスタム投稿タイプを設定するのであれば、Custom Post Type UIが便利です。

Custom Post Type UI
Admin UI for creating custom post types and custom taxonomies for WordPress

画面上でカスタム投稿タイプを設定することが出来、日本語にも対応しています(翻訳は微妙なところもありますが
何よりも、有名なプラグインですので解説記事が豊富にそろっているというのがあります。初心者さんでも、たくさんの親切な解説がありますので、そちらに従って設定すれば問題なくカスタム投稿タイプが設定出来ると思います。

Advanced Custom Fields

カスタム投稿タイプを設定したあと、好きなフィールドを投稿画面に作成する必要があります。基本的な項目の、タイトルや本文などは特に問題はありませんが、やはりせっかくであれば自分の好きなように自在に設定したいものです。そんなときは、Advanced Custom Fieldsでフィールドの設定が出来ます。

Advanced Custom Fields
パワフルでプロ仕様、そして直感的なフィールドで WordPress をカスタマイズ。

各種フィールドを集めたフィールドグループを作成し、どの投稿タイプで使うかを設定すれば、投稿画面に新たなフィールドが作成されます。
表示させるにはテーマの編集が必要となりますので、そこはご注意ください。

Admin Columns

カスタムフィールドを設定しても、記事一覧にはそのままでは表示されません。
そういったときに使えるのがAdmin Columnsです。

Admin Columns
Customise columns on the administration screens for post(types), pages, media, comments, links and users with an easy to use drag-and-drop interface.

記事一覧画面に表示させたい項目を選んで設定することが出来ます。
通常であればタイトルのみ、といった感じになりがちなカスタム投稿タイプの管理画面上の記事一覧が、とても見やすくなります。

まとめ

個人的には、この3つがあればカスタム投稿タイプのプラグインは事足りる、と思っています。
気が向いたら、それぞれのプラグインの紹介記事も書きたいとは思います。気が向いたら。

スポーツオタクの脳筋。組紐とかミサンガとか糸が好き。むしろ何か作るのが好き。人生の基盤はゲームとメカトロニクス、そして郷土史(主に戦国島津)。Webのすみっこに棲息するフリーエンジニア。

みなみをフォローする
Web制作WordPress
スポンサーリンク
スポンサーリンク
DG workspace

コメント

タイトルとURLをコピーしました