ウミウシアクセサリー「Lotti」のピアス

スポンサーリンク
ハンドメイド
スポンサーリンク

その発想はなかった。

ただいま、鹿児島市内の山形屋にて「やまかたや パンとカフェのマルシェ&ハンドメイドフェスタ」というイベントが催されています。

404 NOT FOUND | 山形屋(やまかたや) グループ百貨店
山形屋ホームページです。山形屋各店のイベントやショップ情報、ギフト、ファッション、お中元・お歳暮、便利なオンラインショッピングなどご紹介しています。採用情報、企業案内などもご覧いただけます。

その名の通り、県内外のパン屋さん(とカフェ)が集まって、ついでにハンドメイドの作品販売があるという、正直なところ「なぜ混ぜた」と一瞬思ってしまった催しなのですが(別々で良いと思うのだけど)、まぁパン好きだしちょっと行ってみようかな?と思って足を向けてみました。主目的はパンでした。←

特にお目当てのパンがあったとかではなく、ハンドメイドのブースもふらーっと覗き見して歩いていたという感じだったのですが、とてつもなく心を惹かれてしまうピアスに出会いました。

アクセサリーやレザー小物を販売してらっしゃるLottiさんのピアスです。

Blog | ハンドメイドと雑貨のお店“Lotti”

何というかこう、台風前の夕方の空のような不思議な色彩のピアスですが、右下に書かれている文字が。その単語が。

オトヒメウミウシ。

あれですね、台風前の夕暮れの空じゃなくて、台風明けの海岸に落ちてるアレでしたね。南西諸島では、ちょいちょい見かけるヤツでしたね。まさかウミウシが、こんなに綺麗なピアスになるなんて。
いや、確かに色彩としては自然界でその必要性がどこにあるのか問い質したいぐらいウミウシたちって綺麗ではあるんですけども。

それをアクセサリーにしようという発想はなかった。

ウミウシ図鑑.com - オトヒメウミウシ (Chromodoris kuniei)
みんなで作るウミウシのWeb図鑑。色や季節、&#257...

人によってはニガテな人もいるかと思いますので、リンク先の閲覧はくれぐれも自己責任でお願いいたしますね。

私は確かにあの色彩の鮮やかさとか配色の不思議さとか気になって仕方ないのは事実だし、小さい頃はそのへんに普通にいた生き物のイメージでしかないから苦手意識もないし、こうなってくると興味津々になって、ついうっかりウミウシって結局どっからどこまでがウミウシなんだ?アメフラシとウミウシって一緒?別物??みたいな感じで、気になって仕方なくなってしまう始末でした。
だってピアスが綺麗なんだもの。

他にもちょっと迷って買わなかったブルーのウミウシくんピアスがあったし、出来ることならオトヒメちゃんのネックレスもあれば本当は欲しかったし、そのうち実店舗の方に足を運んでみようかな?と思っています。行けなくはない距離感。

何よりも最後、商品を受け取ろうとしたらスタッフの方から「お店の方にはウミウシちゃん(リアル)いますよ」と笑顔で言われてしまったので、これはもう行くしかないな、と。
帰宅して真っ先にウミウシについて検索し始めてるんだから、これは仕方ないですね。うん。ちょっと掘り下げて詳しくウミウシについて調べてみようと心に決めてしまっていますから。奥深いぞ、ウミウシの世界。

ふらっと気が向いたから出かけてみただけの場所で、新たな扉を開けてしまうぐらいの出会いがあってしまったのだから、たまにはそれなりに外に出ないとなぁ、と引きこもりは思いましたです。いやぁ、楽しかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました