今シーズンはクロマダラソテツシジミと戦う

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

ソテツとガジュマルが好きです(唐突)。

どちらも南国な感じの樹木ではありますが、そもそも私は(ほぼ)亜熱帯で育った人間なので。
日常にソテツもガジュマルも当たり前にあったから、やっぱりそういう馴染んだものを目にすると落ち着くというのはあります。小学生の頃、いちばんよく見ていたのはソテツだっただろうし、いちばんよく登ってたのはガジュマルだったと思いますしね。

ガジュマルは自室に鉢植えがあるのですが、昨年はソテツを買いました。
ちょっと離れたところの道の駅で、とても立派な鉢植えを見つけたから。

なんですけども。

昨年の夏、クロマダラソテツシジミにヤラレました!

クロマダラソテツシジミというのは、チョウの一種です。

クロマダラソテツシジミ - Wikipedia

シジミチョウの一種で、南アジアから東南アジアに分布する暑い地域のチョウのようなのですが、最近では日本各地に分布しているそうです。

このクロマダラソテツシジミの幼虫が、ソテツの新芽を餌にするそうで。
成虫が卵を産み付けたら、わさわさと新芽が食らい付くされて、くるるんとカールし始めて、最終的にはがっつり枯れます。泣けます。泣きました。

調べてみたところ、こやつは日本でも南国だけに定着しているのかと思いきや、関西や関東にも生息してしまっているようですね。

ご指定のページは見つかりませんでした/千葉県

千葉でも2015年にはソテツの食害が確認されているみたいです。

そして、この千葉県が開示している情報によると。

(1)ソテツのクロマダラソテツシジミに適用のある農薬はありません。
(2)新葉が展開している株を観察します。その際、未展開や展開途中の葉にチョウが止まっていたら、注意深く観察し、見つけ次第、捕殺します。
(3)卵や幼虫などが寄生した株を他地域に移動しないよう、移動に当たっては細心の注意を払ってください。

なんてこったい……。

元々昆虫は嫌いじゃないけれどチョウの幼虫だけはめっちゃくちゃ嫌い!という人だったのに、ますますチョウの幼虫が嫌いになりそうです。私にとっては、黒いカサカサしている奴よりも、チョウの幼虫の方が忌々しいんですよ。昔っから。

ただ、トレボン1000倍で効果的という論文はありました。

鹿児島県奄美大島におけるクロマダラソテツシジミChiladespandavaによるソテツCycasrevolutaの被害実態と有効薬剤の検討(PDF)

とりあえず今年は注意深く新芽を観察して、卵や幼虫が見つかったら徹底的に戦うのがまず第一かな、と思ってます。
大嫌いだけど。チョウの幼虫とか見たくもないけど。カブトムシの幼虫は平気なのに。←

新しく出てきているこの新芽を、是非とも守り抜きたいのですよ……!!

今年の夏はがんばります。ほんとに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました