わの作り目から編むあづま袋風バッグの作り方

かぎ針編み

四角を編むのが無性に楽しくなってきました。こんにちわ。

ようやく若干気温も下がってきて、モヘヤとか冬糸を触っても何とか大丈夫な季節になって参りました。
ただ、南国はどうしても昼間の気温が高くて、真っ昼間だとちょっと遠慮したい程度ではありますけども。扇風機はまだ活躍中ですもの。朝晩なら、冬糸も楽しい季節です。

先日、ロッシュドゥであづま袋風バッグを編んだのですが、何か妙に楽しくなってきまして。

ロッシュドゥで手編みあづま袋風バッグ
性懲りもなく、ロッシュドゥを編んでました。こんにちわ。 先日ネットバッグを編みましたが、これがロッシュドゥほぼ1玉程度で編めたんですね。 昨年の冬に買った糸で編んであった普通の長編みトートバッグをほどいて編んだので、正確な使用量は分...

またひとつ、あづま袋風バッグを編んでしまいました。

今度は、季節外れ感が半端ない春色のショートピッチの糸を使って。
混紡糸なのですが、アクリルとポリエステルとモヘヤの混紡ということで、ふわふわした糸でもあります。撚りの緩い糸だったので、ちょっとバラけてしまうのが針に引っ掛かって大変でしたけど、かわいい糸でした。

廃盤商品なので、ご紹介は出来ませんけども。ソレイユという糸です。

あづま袋風バッグの作り方

せっかくなので、作り方でも。

1.正方形を同じ大きさで3枚編む

まずは、正方形を同じ大きさで3枚用意します。
編み方は何でも。わの作り目から編む四角形であれば大概の場合は正方形になりますので、同じ段数で3枚編めば良いだけです。

写真は方眼編みで編んでいますが、グラニースクエアやソリッドスクエアなどの編み方でも大丈夫です。ロッシュドゥのあづま袋風バッグは、ソリッドで編んでいます。
ただ、編み目が密になると、それだけ厚みも重みも増しますので、用途に合わせていくと良いかと思います。

今回は、糸の感じも含めて軽めで仕上げたかったので方眼編みになってます。
6号かぎ針で17段。トータルで40グラムを5玉使用しました。

手持ちで使うサイズであれば、1辺が30センチ前後の正方形でちょうど良いサイズ感になります。ショルダーバッグとして肩掛けタイプで使うのであれば、1辺が40センチから50センチ程度の正方形になるかと思います。今回のバッグは30センチ程度、前回のロッシュドゥのあづま袋風バッグが40センチ程度で編んでいます。

2.正方形を三角形に折りたたみ、接する辺を綴じる

出来上がった正方形を、それぞれ三角に折りたたみます。
正方形であれば、きちんと三角になるはずです。

それをあづま袋の形になるように並べて、接する辺をすべて綴じます。
正方形3枚を編んだ場合、綴じる辺は4辺になります。

4辺を綴じたら、あづま袋風のバッグが完成です。

綴じ方は色々あるので好きなやり方で構わないと思いますが、私は一応、バッグなので強度もあった方が良かろうということで細編みで綴じています。延々と繋いでいくだけなので、簡単です。

あづま袋風バッグは便利

簡単に編めて、持ち手なども考えなくていいあづま袋風バッグですが、意外と便利です。
ニットなので厚みがあり結ぶのが大変なのですが、ヘアゴムで結んでしまえば特に問題はないですし、使う場面によって持ち手の長さを調整することだって可能(限界は早いですが)。

たたんでエコバッグに、とするにはニットではちょっとかさばりすぎてしまいますが、サブバッグのような使い方は出来ますし、ちょっとしたお出かけでも特に問題はありません。

あと、たたんで使うバッグは布製だとシワが目立つのがちょっと気になることもありますが、編んだものであればネットバッグでもあづま袋風バッグでも特にシワが気にならないのも良い感じです。適当にたたんでポーチとかに入れて持ち歩いても、いざ使うときにぐしゃぐしゃってことになりにくいので。

スプリングカラーモヘヤのあづま袋風バッグ
春の花畑を思わせるショートピッチのモヘヤ糸を手編みした、あづま袋風のバッグです。手提げバッグにぴったりのサイズです。ちょっとしたお出かけに、お財布とスマホなどを入れるのにいかがでしょう。編み地がしっかりしているため結んで使うのは難しいですが、ヘアゴムなど...

ざくざくと編んだバッグですが、minneさんの方で販売ラインナップに入れてあります。
簡単に編めるものではありますけれど、良かったら是非。

コメント

タイトルとURLをコピーしました